包茎矯正器具の主な種類について

沢山あるけど、包茎矯正器具ってどんな種類があるの?

多くの人が矯正器具に頼って包茎対策をしていますが、これから試してみたいと思っている人はまず、
いろいろなタイプの製品があることを把握する必要があります。
その中で自分にとって使いやすい、効果が期待できそうと感じられるものを購入することが大切です。

矯正器具の様々な種類

まず、矯正器具の中でも従来からあり、もっとも有名なのがリング型の製品です。
これは余った陰茎の包皮をむいた状態で取り付け、亀頭があらわになった状態をキープします。
このほか、陰茎の先端にある開口部を拡張し、スムーズなむけかたをサポートする製品もあります。
開口部が広くなった状態を維持するとともに、
むけたあと亀頭の下に皮が集まるようになるのを目指せる矯正器具です。

それから、ボクサーパンツやブリーフにリング型などの矯正器具が取り付けられている製品も
販売されています。

穿くだけで対策がおこなえる手軽さと、見た目が自然で人にバレにくいのが特徴です。

そして、専用の接着剤を包皮をむけるだけむいたところで使用し、
亀頭があらわになった状態を固定するものもあります。
器具を取り付けることがないため、ほかの人にみられても矯正しているとわかりません。

なお、いずれの商品も手術とは異なり、ペニスを切ることはありません。
しかしながら、矯正器具の使用方法に誤りがあるとペニスを傷付けてしまったり、

接着剤タイプのように陰茎に塗る製品が合わない場合、肌トラブルを起こしたりするリスクがあります。