包茎の人はほとんど早漏でしょうか

包茎=早漏なの?

包茎の人には早漏の人もいればそうでない人もいますので、
ほぼすべての人が早漏と決め付けるのは間違いです。

たとえば、仮性包茎の人でも射精のしやすさには個人差があります。
むき癖が付いていて、亀頭が外部からの刺激に強くなっていれば早漏にはなりにくいですし、
逆に少し触れただけでも強い刺激を感じる人は、早漏になりやすいという傾向があるのです。
下着に亀頭がこすれる、シャワーで洗い流す、
手で亀頭の汚れを取り除くといったことが平気な人はたやすく射精しませんし、
いずれも無理で、カラダがのけぞってしまうようであれば、
早々に射精してしまいやすいでしょう。

じゃあ、真性包茎はどうなの?

また、真性包茎の人にも早漏が多いイメージがあるという人もいるでしょうが、
これも情報としては正しくありません。

というのも、仮性包茎とは異なり勃起をしても亀頭があらわになることがないため、
包皮がクッションになっている分、性的刺激に対して敏感ではない人が多いのです。

上記のように、

包茎であったとしても必ずしも早漏になるわけではありません。

別の理由で治したほうがいい包茎もありますが、早漏になりたくないという理由で
包茎治療を検討するのがやめておくのが無難です。

これも一つの例ですが、包茎だった人が早漏対策として治療を受けた場合、
これまで包皮に覆われていて外部の刺激を受けなかった亀頭が露出します。
刺激に対し亀頭が強くなるまでのあいだは余計に敏感になってしまい、
早漏を防ぐどころかしばらくのあいだ早く射精してしまうほど刺激に弱くなる可能性もあるのです。