包茎治療の適齢期は何歳くらいでしょうか?

包茎治療、何歳ですればいいの?

海外では生まれたばかりの赤ちゃんに包茎手術を受けさせるのが慣例になっている国もありますが、
日本ではこれがありません。
そのため、成長とともに自分が包茎か否かがわかる場合が多いのですが、
病的なものとそうでないものとで適齢期といえるようなタイミングは異なります。

まず、病的な包茎(真性包茎やかんとん包茎)に関してですが、
発覚した時点で治療を検討しクリニックへ行くことが大切です。
真性包茎の場合は放置していると亀頭包皮炎などの病気がしょっちゅう起こるリスクがありますし、
かんとん包茎は最悪の場合、亀頭の締め付けによる血行不良での壊死が起こる恐れがあります。

小学生にあがるぐらいの小さい子供にも病的な包茎は起こる可能性がありますので、
親がしっかりと様子をみることが大切です。

病的ではない包茎って?

次に病的ではない包茎、仮性包茎に関してですが、成長期が終わるまでは様子をみておくとよいでしょう。
カラダの成長が止まるとペニスの成長も止まりますので、
その時点で包皮が勃起しないとむけないということであれば、治療を検討するのも悪くありません。

なお、包茎は不衛生で悪臭がする、汚れが溜まりやすい、ペニスの病気にかかりやすいほか、
包茎の種類によってはペニス自体を傷付けてしまうこともありますが、
日本では病的な包茎でなくとも見た目が格好悪いと思われている節があります。

からかわれるのが嫌だ、自分に自信がもてないという人も包茎の人には多いため、
多感な時期に治療を済ませておくと、
こうした精神的な問題で人生を暗くするようなことにはならないでしょう。