一般的な包茎手術の流れについて

包茎治療ってどう進めるの?

いまの時代、たいていのクリニックでは事前のカウンセリング予約が必要になります。
インターネット上から申し込みをおこない、予約した日時にクリニックへと足を運びましょう。

病院に到着したあとは問診票などに必要事項を記載して提出、保険診療であれば保険証を提出します。
その後案内されてカウンセリングを受けることになりますが、
このカウンセリング自体は無料になっているところが多いです。

カウンセリング〜治療

カウンセリングでは包茎治療に関する詳しい内容や、費用に関することなどの説明を受けます。
納得して手術を受けるためにも、不安や疑問は残さないようにすることが大切です。

カウンセリングの結果、手術を受けることを納得して決めれば、あとは包茎治療を受けるだけです。
後日改めてクリニックに行って手術を受けてもいいですし、
カウンセリング後そのまま手術を受けてもいいでしょう。

手術は病院により差はあるものの、素早いところだと1時間もかかりません。
局所麻酔であれば、手術を受けた当日に帰宅することも可能です。

包茎治療後

包茎手術が完了したあとは、日常生活での注意点が説明されるほか、
痛み止めの薬などを受け取って帰宅します。
なお、抜糸が必要な場合は後日またクリニックを訪れる形になります。
これが嫌だという人は、抜糸の要らない溶けるタイプの糸が使われるクリニックへ行くとよいでしょう。

以上のことをまとめると、包茎手術は予約、カウンセリング、施術、
アフターケアの流れを辿ることになりますので、治療を検討している人は覚えておくとよいでしょう。