仮性包茎は治療が必要?

仮性包茎でも手術が必要なの?

仮性包茎は病気ではありませんので、
絶対に治療を受けなければいけないようなものではありません。

しかしながら、治さなければここで説明するような問題が起こり得ますので、
それらが気になる人は治してしまったほうがよいでしょう。

仮性包茎によって引き起こされる影響

まず、仮性包茎が及ぼす可能性のある健康面への影響があります。
普段は亀頭が包皮に覆われているため、内部でばい菌が繁殖しやすく、
性病・性感染症を引き起こすリスクが増大してしまいます。

また、ペニスに炎症が生じやすく、痛みをともなうことがあるという問題もあるでしょう。

それから、セックスをしたパートナーにばい菌や恥垢などを移してしまうと、
子供ができにくくなったり、子宮頸がんを引き起こす原因にもなりかねません。

そのほか、これは病気ではありませんが、包皮の中で垢が蓄積し、
不快なニオイがしやすい問題
が仮性包茎にはあります。
汚れとニオイがあるため、パートナーにオーラルセックスを拒否されるなど、
性生活の妨げにもなりかねません。

また、包皮をむいて洗うなどし、亀頭が刺激に慣れている場合はいいのですが、
刺激に慣れていないと早漏になりやすい問題があります。
反対に、真性包茎とまではいかないものの、余分な皮が厚かったり長かったりすると、
亀頭が快感を得にくくなり、ひどい人だと勃起不全になってしまうのです。

そして、仮性包茎に限った話ではありませんが、見た目が悪いと思い、
銭湯に入れない、公衆トイレを使えないという人もいます。
自分に自信がもてないと社会生活や性生活に支障をきたし、
人生が上手くいかなくなる可能性もあるでしょう。