痛みを抑える麻酔技術ってどんな技術

必見!麻酔の新技術!

包茎手術をおこなっているクリニックによって、採用されている麻酔技術は異なります。
ここでは新しい技術を導入しているところを例にとって説明しますので、
参考情報としてお役立てください。

まず、麻酔には全身麻酔と局所麻酔がありますが、
新しい麻酔技術を採用しているところでは後者が選択されます。
したがって、包茎治療を受けたあと入院や休息をしなくてもよく、手術を受けた当日に帰ることが可能です。
日帰り手術を実現してくれる麻酔技術が、いまの包茎治療にはあるのです。

麻酔は痛くない?

また、麻酔というと注射が凄く痛いイメージがある人もいるでしょうが、
新しい技術を取り入れているところではほぼ気になりません。
というのも、いきなり針を刺して麻酔薬を投与するのではなく、事前の準備として
スプレーやジェルで皮膚の表面や深部の感覚をマヒさせたあと、注射針で麻酔薬を投与するからです。

新しい麻酔技術を採用しているところでは、こうした複数の段階にわけて麻酔をかけているほか、
使用する針自体も細いものを取り扱っているため、痛みが抑えられているのです。
痛みの感じ方には個人差あるものの、こういった形式での麻酔の場合、
針で麻酔薬が注入されたことにすら気が付かない人も少なくありません。

以上のことから、新しい包茎治療では麻酔によって手術中の痛みがないだけでなく、
麻酔薬の投与時の痛みもほとんどなくなっているのです。
痛みに弱い人は、麻酔技術にも注目してクリニック選びをするとよいでしょう。