包茎手術について治療前に知っておきたい事

包茎治療、不安でいっぱい…。

包茎で悩んでいる人、コンプレックスを感じている人は少なくないと言われています。
包茎治療の方法はいくつかありますが、陥頓包茎・真性包茎の場合は手術を行うのが一般的です。
包茎手術を検討している場合は、あらかじめその内容や注意点を把握しておくと安心です。

まず、包茎手術はなるべく早く受けたほうがいいということを知っておきましょう。
包茎は感染症にかかるリスクが高いので、清潔さを維持するには
早めに手術したほうがいいとされています。
さらに、亀頭は年齢を重ねるにつれて成長していくので、
包茎で皮がかぶっていると成長を阻害される恐れがあります。

包茎治療は危険があるの?

包茎手術には危険が伴うことも知っておく必要があります。
最近は技術の向上に伴って失敗は少なくなりましたが、可能性はゼロではありません。
傷口がふさがらない、縫合部の腫れなどが起こる恐れはあります。

包茎手術というと局部にメスを入れるイメージがありますが、そうとも限りません。

真性包茎とカントン包茎はメスを入れますが、仮性包茎の場合は切らない手術も可能です。

→札幌の包茎手術に関するページ
こちらにも掲載しておりますのでチェックしてください。

気になる費用・期間・治療後は

気になる手術費用ですが、最近では昔と比べて安価となって、
仮性包茎の場合は5万円前後で受けられます。
仕上がりをきれいにする方法の場合、これより高額となることがあるので
事前に確認しておくといいでしょう。

それから、手術時間は1時間かからない程度とされています。
短時間でできる手術なので、平日の仕事帰りなどでも受けることができます。

短い手術ですが、1週間は飲酒や入浴はせずに安静にしておく必要があります。
セックスやマスターベーションは3〜4週間後であれば問題ありません。
激しい運動も1ヶ月程度控えましょう。

包茎に悩んでいる人は、手術についてよく知った上で検討してみるといいでしょう。

→名古屋・愛知県の包茎手術をお探しの方はこちら